手汗クリームの失敗しない選び方|おすすめをランキングにしました

手汗クリームには高いものや通販でしか買えないものなど、様々なものがあります。

ですが、そんな手汗クリームをランキングを鵜呑みにして選ぶのは絶対にNG。

ランキング上位だからといってあなたにおすすめできる商品というわけではありません。

このページでは、手汗クリームの失敗しない選び方と、選び方をもとに作った手汗クリームランキング紹介します。

手汗クリームの購入で失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください。

口コミで判断しない手汗クリームの選び方

手汗クリームには、通販のものと市販のものの2種類のものがあります。

制汗力の高さで言えば通販のものの方が高い制汗力を持っていると言えますが、値段が高いというデメリットがあります。

逆に市販の手汗クリームは値段がお手頃なので中高生でも購入できますが、制汗力が低いというデメリットがあります。

そのため、

手汗で湿る程度あなたは市販の手汗クリーム。

手汗で日常生活に支障が出るあなたは通販の手汗クリーム

を使用するのがおすすめです。

ここからは、手汗クリームを選ぶときに抑えておきたい4つのポイントを紹介していきます。

ランキングより見てほしい3つのポイント

手汗クリームを選ぶときは、以下の3つのポイントをチェックしてください。

  • 価格
  • 使用感
  • 返金保証の有無

手汗クリームはランキングや口コミを鵜呑みにして選ぶのは絶対にNGです。

特に注目してほしいのは返金保証と価格の低さ。

この2つさえチェックしていれば制汗力の高さがわかります。

3つのポイントをどのようにチェックすればいいのかを確認してみましょう。

安いプチプラ価格でも効くのか?

手汗クリームの価格はおよそ1000円~5000円程度。

ここで覚えてほしいのは、手汗クリームは値段が上がるほど制汗力が高くなる傾向にあるということです。

手汗はひどいけどこれ以上高いのはちょっと難しい、、、

というあなたは仕方ありませんが、ちょっと頑張ればもうワンランク高いものもいけそう、、、

というあなたは一度ワンランク上の手汗クリームを試してみてください。

返金保証があれば損をすることもありませんし、何より安物買いの銭失いにならないように制汗力の高い価格が高めのクリームを選ぶのがおすすめです。

さらさらな使用感の方が使いやすい

手汗クリームの使用感には

  • クリーム状なのに伸ばすとさらさらになるもの。
  • パウダー状でべたつきのないもの。
  • 塗ったあとぺたぺたするもの。

など、様があります。

手汗クリームは基本的にべたつくものはありません。

ですが、制汗力の高い脇用の制汗クリームを代用する場合などは、使用感が悪くなることも。

手は日常で最も使う部位でもあるので、べたつきがあるのは論外です。

さらさらな使用感であることを前提として、化粧室でサッと塗りなおせるような使いやすいものを選ぶようにしましょう。

返金保証の額や期間の長さをチェック

返金保証の額の大きさや返金保証期間の長さは、いわば商品力の高さに直結します。

返金額が高く、返金保証期間が長いほどその商品の効果に自信があるということです。

最近ではどの手汗クリームに返金保証を付けた販売がされていますが、本当の意味で損をせず全額返金されるケースはそんなに多くありません。

返金保証のサービスを利用すれば損をすることはありませんが、利用方法によっては損をしてしまうこともあります。

商品力の高さを見極めるため。

あなたが損をしないためにも、返金保証のチェックは厳しく行うようにしましょう。

また、市販品や返金保証がない場合でも損をするような買い方はしないでください。

制汗効果が高いおすすめの手汗クリーム

テサラン

文句なしの人気No.1クリームはコレ!

手汗クリームの代名詞ともいえるテサラン。

制汗力が高く使用感も良いため高い人気を誇っています。

クリームタイプの手汗クリームですが、べたつきはなく全くありません。

購入比率は女性の方が多いですが、男性からも支持を得ているの手汗クリームです。

定期購入はなく、都度購入となりますがまとめ買いをすればかなりお得に購入できます。

返金保証も1年間全額を保証してくれていますので、価格は他のクリームよりも断然低価格。

始めて手汗クリームを購入するなら特におすすめしたいクリームです。

1日のコスト 定期回数縛り 返金保証
約27円 365日
(購入分全額)

 

フレナーラ

ジェルタイプで選ぶならフレナーラ!

制汗力が高く、ジェルタイプでスーッと手に馴染むのがフレナーラ。

単品価格が高く定期購入も購入回数縛りがあるのに人気なのは、実感力が高いからです。

ジェルタイプの手汗クリームを使いたいというあなたにはフレナーラがおすすめです。

1日のコスト 定期回数縛り 返金保証
約130円
(コースで異なる)
180日
(初回購入分)

 

ファリネ

パウダータイプでしっかり制汗

手汗クリームの中でも唯一パウダータイプなのがファリネ。

価格的に少し高めの手汗クリームですが、しっかりと付着するパウダーが汗腺の出口をシャットアウトしてくれます。

また、パウダータイプだけあって使用感は一級品!

クリームのべたつきが気になるあなたにおすすめの手汗クリームです。

1日のコスト 定期回数縛り 返金保証
約227円
(3回)
20日
(初回購入分)

 

サラフェ

顔の汗も気になるあなたは

顔汗に対して販売されているサラフェ。

ですが、現在では手汗対策としても用いられるアイテムだと認識されるようになってきました。

もともと顔汗でメイクが落ちるのを防ぐために作られた商品なので、制汗力はバッチリ!

肌に優しく制汗力のあるクリームということで、手に使っても使用感・制汗力共に高いものが期待できます。

1日のコスト 定期回数縛り 返金保証
約182円 ナシ 25日
(初回購入分)

 

デトランスα

制汗力だけが欲しいあなたには

わきが用に開発されたデトランスα。

医療先進国のデンマークで開発された制汗剤です。

病院で処方される塩化アルミニウムを使用しており、制汗力の高さはお墨付きです。

ただ、皮膚にかゆみが出るなどの難点があるので、使用を控えたほうが良いでしょう。

デオエースやデトランスα手足用なら通常のデトランスαよりも刺激が少なく、手汗にも使用しやすくなっています。

1日のコスト 定期回数縛り 返金保証
約82円 なし

詳細はこちら

ロエグア

美容皮膚科医推薦のクリーム

ロエグアは手汗クリームの中でも特に安価で、高い効果を発揮してくれるクリームです。

しかし、制汗成分がほか手汗クリームとは異なり、少し弱めのクリームを使用しています。

そのため、制汗力だけを見たら他の手汗クリームと比べて見劣りしてしまうのが少し残念ではあります。

ですが、そのほかの点ではほかのクリームと同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮してくれる期待の手汗クリームです。

1日のコスト 定期回数縛り 返金保証
約71円 100日
(初回購入分)

 

コルクル

美容成分配合の手汗クリーム

医薬部外品の手汗クリームが多い中で唯一といっていい化粧品タイプの手汗クリームです。

化粧品なだけあって、保湿力や肌のケアに力を入れています。

制汗力や使用感は他のものと比べるといまいちかもしれませんが、冬の手汗は乾燥を招きますので、保湿クリーム代わりに使用できるのがポイントです。

1日のコスト 定期回数縛り 返金保証
約91円 なし

 

薬局のクリームでもOK?少量の手汗に使うクリーム

 

手汗にはレベルというものがあり、手汗レベルによって必要な対策が異なります。

手汗レベルには

レベル1⇒手が湿った状態。触ると汗ばんでいる感じがわかる。
レベル2⇒手に水滴ができ濡れている状態。ぱっと見で汗がわかる
レベル3⇒汗が手からしたたり落ちるほどの状態。
の3つがあり、薬局で販売されている手汗クリームで手汗を止めれるのはレベル1の症状だと考えておきましょう。

レベル2~3の症状のあなたは通販の手汗クリームを使用するか、病院での治療を検討してください。

⇒通販の手汗クリームをもう一度見る

⇒手汗治療について見てみる

オドレミン

オドレミンの商品画像

日邦薬品

価格:1,080円

容量:25ml

塩化アルミニウム配合で汗腺に蓋をする市販の制汗剤です。

ワキガなどに使われることが多いですが、手汗にも使用することができます。

テノール液

テノール液の商品画像

佐藤製薬

価格:850円

容量:30ml

汗を止めたり汗の臭い、ワキガの臭いを防ぐクリームです。

ロールオンタイプなので、手軽に使用できるのがメリットです。

特製エキシウクリーム

特製エキシウクリームの画像

東京甲子社

価格:1,800円

容量:30ml

市販の制汗剤の中で特に人気なのが特製エキシウクリーム。

制汗力と殺菌力が高く、薬局で購入できる手汗対策として多くの方から支持を得ています。

爽汗水

爽汗水の画像

日邦薬品

価格:1,296円

容量:50ml

オドレミンと同じ会社から販売されている制汗剤が爽汗水。

制汗よりも臭いを抑えることをメインとした制汗剤です。

臭いメインのような商品ですが汗を止める効果も十分期待できます。

手汗クリームは損をしない購入を

ドラッグストアで市販の手汗クリームを1000円で購入して失敗した場合、勉強代と割り切れるのであればその買い物で損をしているとは言えません。

ですが、1000円の市販品を使用して失敗したことを勉強代として割り切れないのであれば損をしたという事になります。

返金保証がないものを購入しても「購入して失敗したらしたでしょうがない。」と割り切れるなら損をした買い物とは言いませんよね。

クリームは医薬品ではないので、必ずしも手汗を止めてくれるという保証はありません。

返金保証のついているものを選ぶと損をすることが少なくなるので、手汗クリームを購入するなら薬局より通販で購入するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA